AGAを防ぐ睡眠法


AGAを防ぐ睡眠法があります。
それはしっかりと熟睡することです。
十分な睡眠というのは、AGAを防ぐ上で重要な要素になります。
睡眠中に成長ホルモンを体内に出します。
成長ホルモンは髪や肌に栄養を届ける命令を出す役目があるのですが、加齢により、分泌量は減少していきます。
適切な睡眠時間は、平均5時間以上と言われていて、髪の育成は成長ホルモンと密接に結びついているので、AGAを予防するには、十分な睡眠が必要です。
睡眠時間が短く、いつも睡眠時間が不規則な人は、髪に悪影響を与えることになります。
成長ホルモンの分泌は、眠り始めの3~4時間がカギを握るので、いかに、この時間に熟睡できるかがカギを握ります。
しっかり就寝することはとても大事で、睡眠時間が不足していると副交感神経がしっかり休まりません。
そうすると、血管の活性化がされないので、毛乳頭まで血液が送り込まれないことになります。
そうした悪循環が、AGAを招いてしまうのです。
夜10時に就寝するというのは、現代人には無理がありますが、できるだけ早い時間帯に寝ることが、AGAを防ぐ睡眠法になります。