AGA対策の基本・正しいシャンプー法とは?


AGA対策の基本は、正しいシャンプーと言われています。
AGAの対策としては、まず、正しいシャンプー法を身に付けないといけません。
AGAのための正しいシャンプーの仕方は、いかに地肌に優しく、刺激が少ないように使用するかです。
また、シャンプーは1日1回以上しないことです。
AGA対策として、頭皮を毎日清潔にすることは大事なのですが、シャンプーのし過ぎは逆に頭皮や毛髪を痛める原因になるので、注意しないといけません。
シャンプー前には軽くブラッシグし、毛髪が絡まないようにします。
ブラッシングすると、泡立ちが良くなり、汚れを落とす効果が高まります。
シャンプーする時は、シャワーで予洗いをするのですが、その際、38度程度のぬるま湯で行います。
水温が低いと汚れが落ちにくくなり、高温は毛根を痛めて皮脂を過剰分泌させるので、注意が必要です。
予洗いすると、シャンプーの馴染みを良くすることができます。
シャンプーつける時は、手に取ってそのまま頭につけてはいけません。
手の平に取って両手をすり合わせて泡立てます。
そして泡立てたシャンプーを頭髪全体に塗るようにし、指の腹で頭皮をマッサージするように洗います。
そしてすすぎは、ぬるま湯で行い、マッサージするよう、3~5分くらい時間をかけて洗い流します。